ネットキャッシングは審査が甘い !?

〜 コレだけは押える!ネットキャッシングの常識・落とし穴 〜



ネットキャッシング審査甘い !? のウソ・ホント
審査甘いからといって、やてはいけないネットキャッシング行為とは…



ネットキャッシング審査甘い !? のウソ・ホント


かつて、ウン十万円はした高額な電化製品の代表格であったパソコンも、今では10万円を切る商品もザラで、一家に1台どころか、2台、3台所有する者も珍しくは無い。

斯く言う私も、そのひとりだ。

また、携帯電話の普及率は目覚しいものがあり、社会人に至っては、所有していない人を探す方が難しいと言えるあろう。

そんな社会環境の変化に対応するかのように登場したサービスのひとつがットキャッシング≠ナある。





特徴1:窓口に足を運ぶ面倒がなく、利便性に優れている!

特徴2:身近な知り合いに利用していることが気付かれにくい!

特徴3:保証人・担保が不要なケースも多い!



昨今のネットキャッシング業界は、特に融資スピードを重視している面が強く、自分が考えていた以上に振込みまでの時間が短かったと感じたことのあるネットキャッシング利用者も多いようだ。

そのような背景からか「ネットキャッシング審査甘い!」などといった無責任な噂話も絶えないが、ネットキャッシングサービスを提供している会社もボランティアで金貸しを行っているわけではない。

営利を目的とした一企業である以上、必ず申請者の身辺調査は行っている。

つまり、企業の運営・存続のために、独自の審査基準を設け、申請者に対する融資の有無を判断しているのであって、審査甘いと噂されている業者だからといって必ずしも通るとは限らない。

申込者の経済状況等によっては融資が断られることも十分あり得ることなのだ。

そこで参考までに、各金融業者が揃って判断材料のひとつに加えているであろう重要な審査基準を以下にいくつか挙げておこう。





 他社借入れ状況

ネットキャッシングでは借入総額≠謔閧熈借入件数≠フ方が、審査時には重要視される傾向がある。つまり、他社借入件数が多い申込者ほど、審査が通りにくくなると予想されるが、その件数については各企業によって、だいぶ開きがあるようだ。

 勤務先・勤続年数

安定した職業に就いている者ほど優良顧客とみなされ、いろいろな面で優遇(融資額など)されることが多いようだ。したがって、高収入を得ている自営業者よりも、収入の安定している公務員や優良企業の会社員の方が評価を高いと判断していることも覚えておくと良いだろう。また、審査においては勤務先だけでなく、勤続年数も重要なチェック事項と思ってよい。いくら安定した就職先でも、半年未満の勤続期間では、場合によってはNGになることもある。


 健康保険の種類

収入の安定性を予測できる重要判断材料のひとつが保険の種類だ。国保や社保加入者よりも、共済や組合保険加入者は評価が高く、融資限度額に差が生じてくることもある。


 電話

連絡手段のない申込者に融資をすることはまず考えられない。近年は、固定電話を引かない一人暮らしも増えているので、携帯電話だけでは融資しない!ということはないが、固定電話を引いている者は、評価が高いとみてよいだろう。


 居住形態

企業からすれば融資したお金は必ず回収しなければならない。そのため、夜逃げや連絡不通の確率が比較的低い持ち家は評価も高く、融資限度額に差が出てくるケースも多い。



審査甘いからといって、やてはいけないネットキャッシング行為


審査甘いからといって、何も考えず短期間に立て続けにネットキャッシンの申込みを行っていると、申込ブラック≠ニして要注意人物のレッテルを貼られてしまう危険があることを、あなたはご存じだろうか?

申込ブラックとは、簡単に言ってしまえは、短期間に複数のキャッシング会社に借入の申込をしてしまう利用者のことだが、一般的に短期間に複数社から融資を受けるという行為は、多重債務に陥る可能性が極めて高いと考えられている。

※ 個人信用情報機関には概ね1ヶ月間程の申込記録が残ると言われている

そのため、借り手の信用はガタ落ちし、ネットキャッシング会社に「こいつは危ない…」と判断されてしまうため、融資してくれないこともあるのだ。

したがって、審査甘いし手軽だから…と安易なネットキャッシング利用は要注意だ。

一般的には、1ヶ月間に3社以上、借入申請する行為は危険である!と言われているが、前項でも触れたとおり、申込者に対する審査基準は各企業によってまちまちなので、はっきりとしたことは分からない。

また、年々、貸金業者への規制が強化されつつあることから、従来に比べ、業者側も審査に対しては、かなり慎重になっているというのが現状であって、は決して甘いものではなくなってきている。

そのため、ネットキャッシング申込を検討している者は、安易に申込みを行うのではなく、事前に必ず、収入や借入状況・返済プラン等をしっかり把握し、自分に最適なキャッシング会社を、いくつかピックアップし比較検討した上で絞り込み、利用することが大切だ。




キャッシング・カードローンのことなら1週間無利息キャッシング「ノーローン」
融資額1〜300万円、実質年率9.5〜18.0%と、比較的、利用しやすい利率で融資サービスを行っている新生銀行グループのカードローンがノーローンだ。

入会金や年会費なども不要で、即日融資も可能(ただし、審査結果の連絡時間によっては翌営業日となる)となっている。

また、イオンショッピングセンターやセブンイレブン等のコンビニAMが利用可能(手数料も無料)なので、利便性にも優れている。

そして何より、なんどでも1週間無利息サービスを実施(つまり、利息は利用の8日目から超過日数分のみ)しているので、使い方次第では、非常に有難いローンサービスといえ、状況によっては検討の余地はあるのかもしれない。
女性スタッフによる女性のためのキャッシングサービスを展開しているのがレディースフタバである。

商品の概要を見る限り、融資限度額や返済期間、保証人不要などはネットローンとほぼ同じ内容であり、貸付金利の方も15〜18%(実質年率)と大差ない。

条件によっては主婦やパート・アルバイトにも融資を行っているようなので、状況によってはレディースフタバの方が、利用しやすいケースも出てくるかもしれない。
借換ローンをはじめ、フリーローンや不動産担保ローン、ビジネスローン、住宅ローン、レディースローンなど様々なローンサービスを展開しているキャッシング業者がご融資どっとこむである。

フリーローンの利用条件の一部を例に挙げると、融資額は5〜50万円、担保・保証人は原則不要、返済期間3年以内、年率18〜20%となっている。

返済期間や年率が、他業者よりも短く高いと感じられることもあるが、様々なローン商品を展開しているので、状況によっては相談してみる価値はあるかもしれな。






■ キャッシング 豆知識 ■

専業主婦でも借りられる !? ネットキャッシング会社はここを見る!


働いていなければ、当然、収入もないわけだが、そんな収入のない専業主婦に対し、キャッシングサービスを提供する会社も少なくない。

では、いったい何を審査基準にして融資を行っているのだろう…?

それはズバリ、配偶者である夫が審査対象となっているのだ。

たとえば、健康保険の加入状況を調査し、扶養家族として夫の保険に加入しているようなケースにおいては、配偶者である夫を審査対象にすることで融資の有無を判断していることになる。

ちなみに、夫に内緒でキャッシングを利用したいと願い出れば、内密に審査してくれるキャッシング会社も中にはあるようだが、収入のない専業主婦が、夫に内緒で借入契約する行為は、まず間違いなくトラブルの元になる!

生活費などの面で必要となる出費であれば、必ず借りる前に夫と話し合い了解を得てから借りるべきだろう。


くらべる君てなに !?


ネットキャッシングを利用する行為自体は決して悪いことではない。

むしろ、近年における多種多様な借入(あるいは返済)プランや、日々、利便性が向上しているサービス環境を踏まえると、ある程度、まとまった小金を必要としている時などは、非常に有難いシステムと言えるかもしれない。

つまり、ネットキャッシングも使い方次第なのであって、要は、安易な借入が問題(つまり、多重債務)とされるべきなのだ。

しかし、現実問題として、自分のライフスタイルや状況に見合った最適な借入先を見つけるのは思った以上に難しい。

そこで、役立つサイトがくらべる君≠セ。

くらべる君は匿名で利用することができるサービスサイトで、複数企業のキャッシング限度額や金利などの条件がその場で提示される。

つまり、くらべる君があなたに代わって融資条件を比較し審査結果を一括提示するので、一番有利な条件を選んでキャッシングのお申込みやカード作成をすることができるというわけだ。

※ ただし、簡易審査の結果が、必ずしも融資を約束するものではないので要注意!

また、くらべる君は借入条件の提示だけではなく、キャッシングに関するさまざまな情報を発信する「キャッシングのポータルサイト」としても利用でき、キャッシングとの上手な付き合い方や、キャッシングQ&A、キャッシングの裏技など、様々なお役立ちコンテンツが用意されているので、キャッシングの利用を考えている者は、一度、くらべる君を利用し最適なキャッシング会社を選択する際の参考にしてみるのも一法かもしれない。








プライバシーポリシー / クレジット・ローン常識大百科 [HOME] / Yahoo ! Japan TOP